宮崎市民プラザ

電話番号:0985-24-1008

文字サイズ

イベントのご案内

10月6日(月)に、浦之名小学校で能楽体験アウトリーチを行いました。

2014年10月6日

市民プラザは、今年度も、学校向けアウトリーチ事業である「子どものための文化芸術体験プログラム」を、3つのプログラムで企画しています。

今回はその中の「伝統芸能プログラム」である“能楽体験”を、先週の木花小学校に引き継続き、浦之名小学校の5・6年生児童7名を対象に実施しました。

講師は前回と同じく、宝生流・宮崎五雲会(代表:浦 盛範さん)に所属される方12名です。

内容は、能についての説明や、舞囃子「羽衣(はごろも)」や仕舞「葛城(かづらき)」などの鑑賞から、出演者が登場の際に行う自己紹介である“名乗り”や、足全体で地面をするようにして移動する“すり足”、また、能楽で使用される“おもて”(お面)や楽器の体験でした。

太鼓を体験した児童は、「郷土芸能『城攻め踊り』で太鼓を叩いたことがあるが、それとはまったくちがう。この叩き方を『城攻め踊り』に取り入れてみたい。」と話していました。また、“おもて”を初めてつけた児童は、「正面しか見えないので、動くのが大変だろうなぁ」と感想をもらしていました。※NHKさんとMRTさんが取材に来られました!本日、10月6日(月)のニュースをご覧ください!

 

 

能楽・浦之名

Pocket