宮崎市民プラザ

電話番号:0985-24-1008

文字サイズ

イベントのご案内

第12回みやざきザハール・ブロン音楽祭(12/17~12/21の5日間)~ファイナルコンサート~が開催されました!!

2013年12月22日

最終日の12月21日(土)に第12回みやざきザハール・ブロン音楽祭〜ファイナル コンサート〜が開催されました。515名のお客様にご来場いただき、オルブライトホールは超満席状態!ザハール・ブロンさんをはじめ、川久保賜紀さん、ダニエル・ブロンさん、イリーナ・ヴィノグラードワさんも本当に喜んでおられました。最後を飾るのにふさわしい、まさに『感動のラスト』でした。

第一部は、ザハール・ブロンさんのご子息であるダニエル・ブロンさんのチェロ演奏にはじまり、川久保賜紀さん、ザハール・ブロンさんのソロがイリーナ・ヴィノグラードワさんのピアノ伴奏に合わせて演奏されました。世界一流の音楽家たちが奏でる高貴かつ軽快な音色に、会場のお客様も酔いしれていました。ザハール・ブロンさんが一部の終わりに寺原伸夫さん作曲の「ロマンス」を演奏し終えると、開場から大きな拍手が沸き起こり、それに応えるかのようにアンコール「浜辺のうた」を演奏されました。ブロンさんの宮崎に対する想いが伝わる、深く温かい響きでした。

第二部は、ザハール・ブロンさん、ダニエル・ブロンさん親子による二重奏で幕を開けました。お二人の絆の強さ、仲の良さが伺える、とても息の合った演奏でした。時折目を合わせて微笑まれる姿がとても印象的でした。特に、ザハール・ブロンさん、川久保賜紀さん、ダニエル・ブロンさんの三重奏とイリーナ・ヴィノグラードワさんのチェンバロ伴奏はすばらしく、割れんばかりの拍手が起こりました。その後、みやざきザハール・ブロン音楽祭室内合奏団が加わり、素晴らしいハーモニーを聴かせてくださいました。

アンコール2曲目、最後はやはり「浜辺のうた」。今度はブロンさん一人ではなく、みんなでの合奏でした。12年間のラストの演奏は、コンサートにかけるそれぞれの思いが入り混じった感動のステージでした。

ザハール・ブロンさんの言葉、「終わりではなく、はじまりに」。今回がファイナルコンサートでしたが、「終わりではなく何かのはじまり」と考えることで、未来への活力になります。近い将来、ブロンさんに再会できることを職員一同、心より願っております。出演者の皆様、ご来場いただいた皆様、ご尽力いただいた実行委員会、関係者の皆様、本当にありがとうございました。

viewimg-10

Pocket