宮崎市民プラザ

電話番号:0985-24-1008

文字サイズ

イベントのご案内

劇団ペテカン「蛍の頃」宮崎公演に向けての出演者コメントが届きました!

2015年5月31日

平成27年度宮崎市民プラザ自主事業の演劇公演「蛍の頃」(企画制作:劇団ペテカン)は、7月11日(土)・12日(日)に開催いたします。この公演は、宮崎出身の俳優で、脚本・演出家でもある本田誠人さんが書き下ろしたノスタルジックコメディで、昭和30年代の宮崎は延岡に実在したキャバレーが舞台です。客演に、大人気アニメ「ワンピース」ルフィの声優でお馴染みの田中真弓さんや、テレビ番組「欽ドン」のヨシオで一世を風靡した山口良一さんを迎え、宮崎公演に向けてのコメントをそれぞれいただきました。

 

本田 誠人

「誠人は今回はいつまでおるとけ?」認知症のばーちゃんが二分ごとに同じ質問を繰り返して来る。そんなばーちゃんは昭和30年代、我が地元延岡で「シスター」というキャバレーを営んでいた。それは7年前、延岡に帰省したある夜のこと、どういう流れでそんな話しになったかは覚えてはいないが、当時の話しをばーちゃんから聞く機会があった。驚いた。何がって、認知症のばーちゃんが、当時の話しを鮮明に、まるで昨日のことのように語り始めたからだ。家庭訪問は先生に営業中に来てもらって飲みに飲ませて家庭訪問どころか最早接待だった話しや、運動会で常連さん達が運動会そっちのけで昼間からドンチャン騒ぎした話しを「懐かしいね~」と、笑顔で語るばーちゃん。その横で、忌まわしい記憶をほじくり返されて怪訝な表情の親父・・・。ばーちゃんと親父の、なんと言うか “この特別な距離感” が面白くて愛おしくてあの日の夜が僕のどこかにずっと残っていた。何か形に残したい・・・そう、それがこの『蛍の頃』を書こうとしたきっかけでした。今作は、私の祖母と親父のある意味、セミドキュメンタリー作品です。2004年の『夏の踏台’04』そして一昨年の『青に白』に続いて3度目となるペテカン宮崎公演!前回の『青に白』に引き続き、人気マンガ『ワンピース』のルフィの声で人気の田中真弓さん、そして欽ドンのヨシオでお馴染み、山口良一さんらビッグゲストに加え、地元宮崎で活動する役者さんも出演します!エネルギッシュで本当に元気だった昭和30年代の宮崎!演劇で!『蛍の頃』で!皆様にあの頃の宮崎パワーを、そして胸熱くなる親子愛をお届けしたいと思っています!

 

田中 真弓

私がかつて所属していた劇団テアトルエコーの公演で、本田誠人 作演出『蛍の頃』を観て涙しました。そして4年後、本家本元ペテカンの『蛍の頃』に参加していることに「縁」を感じます!そして、そして、今回は宮崎公演です!!延岡出身の本田誠人さんのお父様、御祖父母様のセミドキュメントという事で、舞台は、延岡。東京生まれ東京育ちの私のエセ延岡弁…………。目に余るのではないかと心配であります。が、それ以上に宮崎の皆様に観ていただける幸せを感じております!頑張ります!!

 

山口 良一

宮崎市の皆様、お久しぶりです、山口良一です。『たかえ先生の手紙』『青に白』に続いて『蛍の頃』で3度目の宮崎公演。ワクワク感は半端ではありませんぞ!今回は、今までの役者人生でも初めての役どころ。さぁ、どんな役なんでしょうかねぇ、ぜひ観に来てねぇ。笑って笑って、そしてホロリと来るいいお芝居です。絶対観に来てねぇ!では、オルブライトホールでおまちしています。・・・本当に観に来てねぇ。

 

 

当公演の前売券は、市民プラザほか市内各プレイガイドで好評発売中。なお、前売券が完売した場合、当日券はありませんので、お早めにお買い求めください。皆様のご来場をお待ちしております。

02 コメント者画像 02 チラシ画像

Pocket